商業界例会に参加してみました

こんにちは!
一期一会会員、あい恋愛結婚ごそうだん処の山部かよです^^
最近熊本も、ぐっと寒くなりましたね。
年末に向かって「冬」!ッて感じが盛り上がりますね。
さて今回は、公的な事だけじゃなく、私的な「一期一会」についても書いてみますね♪
先日熊本の「商業界」の例会へ参加させていただきました。
私は初めてだったので、どんな会なのかな?と覗きに行かせて頂いた感じです^^
一期一会は「若いパワー炸裂!」って感じで
私も大好きなんですが(若いといってもさすがに10代は居ないと思うけど…きっと30代が一番多いと思います。)
「商業界」は、さすが大きな全国組織で歴史も長いですものね。
一期一会会員さんの中にも商業界の会員になってらっしゃる方も何人もいらっしゃる様です。
私が参加したこの日は
尼崎の?ヒューマニューシステム 代表取締役 柴田英輔氏による
「時代はいかに変わろうとしているか」と言うご講演を拝聴しました。
私の言葉でしか再現できなくて申し訳ないですが
「時代は変わってゆく。そして変わり続けるという事自体は変わらない。」
と言う言葉が心に残りました。
また、ある肌着屋さんのお話が出て
「お店が売りたい商品(儲かる商品)を売るのではなく、お客様に本当に
役立つ商品を売る」と言うお話もありました。
これに似た話を、全米NO1.マーケターとして有名なジェイ・エイブラハム氏の本の中でも見たことがあります。
お客様の味方になれるお店が、結局好かれて良い商売ができる、と言うもの。
柴田氏のお話の中で
「事業は人間を幸福に導くための手段である。」
と言うお言葉がありましたが
たしかに、お客様に喜んで貰えなければ、
お金だけ貰っても なんか面白くないだろな〜と思います。
逆にお客の立場から見ても
幸福に導いてくれずにお金だけ取るお店って
別に要らないですよね?
シンプルだけど、とっても大事な事を教わりました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする