平成27年5月19日(火)人材不足時代を勝ち抜くための社員採用・育成術

当会の役員そして事務局として活躍し、社会保険労務士事務所プロセスコアの山下謙治 先生のセミナーに参加してきました。

今回いただいた案内は。

定着率アップ!!人材不足時代を勝ち抜くための社員採用・育成術です。

主催は熊本県社会保険労務士会ですね。

少子高齢化が進む今日のニーズにあったセミナーですね。

定員50名とありましたが、満席でした。

当会の会員も数名参加しております。

テキストもありつつ。

山下謙治 先生が壇上。いつものニュートラルな笑顔がいいですね。
簡単に山下先生のプロフィールを。

社会保険労務士プロセスコア 代表 山下謙治(社会保険労務士・エグゼクティブコーチ)

彼は社会保険労務士として14年のキャリアを持ち、人事・労務管理の相談対応、社会保険・労務保険の諸手続、助成金申請、給与計算業務代行、就業規則・給与・退職金規定等の社内規程管理、

さらにはコーチングとしても活躍してます。

コーチング、氣学、運命学を活用 した能力開発・組織分析。
人事考課制度導入・運用支援。
人事採用・組織活性化のセミナー・研修。

企業ニーズに特化した幅広い業務内容ですね。

セミナーの内容は。

1、現状分析(これからの時代を把握しよう)

2、予測(これからどういう影響がでてくるか?企業の取り組みは?)

3、定着率とは?

皆さんの企業の採用活動は完璧ですか?採用基準はありますか?見極められていますか?

定着率を上げる取り組み(育成)は完璧ですか?

会社は売上を上げることが何よりも優先されがち。

会社は粗利で動いていることは皆さん周知の通りですね。

しかし、会社の中心には人がいるんですね。

売上重視しお客様に愛を注ぐと同様に、社内スタッフにも愛が必要なんですね。

社員にたいする愛情表現は難しいんです。

だからこそ社内規定、いわゆる客観的な会社の物差しが必要なんですね。

仕事上でのルールを守ることが職場環境、そしてお客様に良い影響を与えることに繋がります。

ルールは覚え遵守しなければなりません。

これらが新人、スタッフを社内で成長させる切っ掛けであることは間違いないでしょう。

今回のセミナーを通じて「社員」と向き合い、成長させていくことの大事さを学べたことが大きな収穫でした。

感謝。

一期一会 副会長 大渕浩志郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする