一期一会 オハイエ熊本ボランティアレポート

一期一会 広報@大渕です。
3月28日に一期一会役員、その他会員の方々とボランティアに参加させていただきました。

みなさん「オハイエ熊本」をご存知ですか?

「オハイエ」の語源は「オハヨー、イエー!」という元気の出る言葉です。

「オハイエ くまもと」は、音楽を通して障がいを持つ人々と一般の人々がともに健康で楽しい生活をしながら、かつ地域において支援の輪を拡大しノーマライゼーションを目指すことを目的として、2009年4月25日、熊本で設立された会です。

<使命>
1.オハイエくまもとは、知的発達障がいのある人たちを中心に、それぞれの地域で日常的に音楽(楽器演 奏、歌、踊り)を練習し楽しむ場を提供します。
2.オハイエくまもとは、知的発達障がいのある人たちを中心とした日常的な音楽活動の発表の場として、あらゆる障がいのある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、心のバリアフリーを目指す「オハイエくまもと とっておきの音楽祭」を開催します。

<理念>
1.オハイエくまもとは、音楽の力で心のバリアフリーを目指します。音楽には、あらゆる人の個性を輝かせ、心のバリアをなくしてしまう力があると信じています。
2.人は、顔も体も、生き方も考え方も、能力も体力も違います。オハイエくまもとは、障がいのあるなしも、そうした違いの一つに過ぎないと考えます。
3.オハイエくまもとは、音楽活動を通じて障がいのある人もない人もそれぞれの違いを互いに認め、理解し、尊重することを学ぶことができると信じています。
4.オハイエくまもとは、人はそれぞれ違いがあることが当たり前であること、障がいはあってもなくても一人ひとりがかけがえのない存在であることを信じ、障害のある人もない人も普通に当たり前に暮らしていける社会の実現を目指します。

このように、地域に根付いた「音楽を通じてのボランティア活動」を主軸として今年より発足された新しいボランティア活動なのです。

一期一会としては、今期のスローガンは「発信」です。

今期は様々な地域の活動や企画に参加する事で、地場熊本における素晴らしい活動の実態を私たちから地域の皆様に「発信」していきます。

今回はメイン会場は朝8時集合で18時終了というスケジュールのなかで私たちの動きとしては、河上社長他実行委員の方で話し合われた結果、『一期一会の皆さんには是非メイン会場をお願いしたい』ということでしたので、雑用から警備など、色んなかたちでの関わり方をさせていただきました。

大きいトラブルも無く、無事に終われた事がなによりでした。

吉津隊長。本当にお疲れさまでした(^^;

隊長の活躍っぷりには皆、脱帽でした。

そしてボランティアの関わり方とあるべき姿を色々勉強させていただきました。

なにはともあれ、今回参加いただいた役員の方々と会員の皆様、本当にお疲れさまでした。

来年はGFO大塚ボランティア隊長!よろしく!!

これは何をしてるかというと…

画鋲刺しです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする