10月11月例会レポート

こんにちは^^ 一期一会広報担当のヤマベです。
ワタシはしばらくブログの更新をサボッてしまっていましたが^^>
(↑ごめんなさい^^>)
一期一会はちゃんときっちり例会は開催し続けてました。
9月は熊本の伝統ある異業種交流会「楠会」さんとの合同例会。
10月は「知り合いの知り合いまでみんな知り合いだ」というイベントをしました。
この例会は、一期一会会員同士が「もっとお互いを知る」ことで
より絆が深まるような企画でした。
最初はペアで座って自己紹介。
今度はペアとペアが合体して四人で自己紹介やディスカッション。
最後は更にグループ同士合体して8人グループでディスカッション。
「自分にとっての商売とは何?」とか
興味深いテーマが出ました^^
そして最後はお互いにお礼状を出し合うという企画。
私ヤマベも後日送られてきたお礼状にあったメッセージが
とってもとっても嬉しいお言葉で
思わず大切な宝物状態に♪
普段お互いになかなか言えない照れくさいことでも
お手紙にするとなんだか自然に伝えられて
御礼状もいいですよね♪
さてそれから
毎年11月は一期一会の期の始まりとして
キックオフ総会です・
今年もホテルニュースカイにて
盛大に総会を開催しました^^!


一期一会も今年で5年目になります。
今回は
熊本の経営者のバイブル「くまもと経済」を出版されている 株式会社地域情報センターの徳永親社長からご講演をいただきました。

熊本の経済の現状と今後の課題や展望、これからの若い経営者がいかにメディアを上手に活用し、自社のアピール、ビジネスにつなげていくか?について主に話をして頂きました。

やっぱり お固く立派なお話なのかな?と思いきや
経済に詳しくない人にでも
分かり易く楽しいプレゼンテーションを見せて頂けたり
本当に楽しい時間でした。
徳永社長、お忙しい中
本当にありがとうございました!
さて今度は
年に一度の拡大例会です。
今年はロケット開発をした町工場で有名な
植松電機株式会社 植松勉さんの講演会です。
北海道の片田舎のわずか20名の会社が、
ロケット開発というどこも真似出来ない大事業に取り組み、
いまでは「NASAより近い町工場」と言われるまでになりました。
そのような事業の経験談を通じ、
「夢があればなんでも出来る」 
その神髄をお話しになられます。
経営者の方も、お勤めの方も、主婦の方でも、子どもさんでも、
誰が聞いても深く受け止めることが出来る話です。
植松氏関連の書籍やDVDはこちら:
NASAより宇宙に近い町工場
植松電機 1 「夢に向かって」植松努物語=u心を育てる」感動コミック VOL.7」
「DVD&ブック 植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン *k海道の小さな町工場が“知恵”と“くふう”で「宇宙開発」に挑む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする