平成27年2月18日(水)「経営のすゝめ ~人を動かす4つの質問~」

今回はゲームあり、お芝居ありの解りやすく勉強できる例会でした。

「人を動かす」法則を学び、会社、家庭、友人、恋愛などの様々な環境で使えるコミュニケーション力アップを目的とした内容。

いきなりですが『SPIN』。

皆さんご存知でしょうか?

一言でいうと「営業の聴く技術」のことです。

今回の例会はSPINを活用した営業戦略に必要なスキルの訓練の場となりました。

ちなみにSPINとは1988年にニール・ラッカム氏によって発表され1995年くらいから日本にも幅広く浸透しています。

基本、世界の大企業を対象に研修、実施されているスキルなんですね。

世界の大企業とは…?

ゼロックス、IBM、コダック、ハネウェル、モトローラ、チェースマンハッタン銀行、シティーコープ、アップルコンピューター、ボルボ…。

キリがないのでここらへんで。

今回、このSPINの活用方を例会で発表してくれました。

まずはこの方。

宮部康弘 氏。

当会の役員であり、今例会のトータルコーディネイター。

男も惚れる男であります。

以下、例会を盛り上げた演出と班員の方々。

質問の種類もいろいろな型があることを実践。

その質問は相手の潜在、顕在ニードに触れなければ伝わらないことを学ぶ。

人には様々なニードがあり、其処もとを理解して質問を変えれば…。

クロージング率もあがります。

だれでも理解できるような、解りやすい演出が「一期一会らしさ」ですね。

会員でもあり「大手スーパーマーケット」の社長みずから発表。

従業員300人を抱える企業であり、そして急激な店舗展開で発生する社内コミュニケーションでの苦悩。

「人に気持ちを伝える難しさ」

「一人ひとりと向き合いながら、ひたすら話を聴くことの大切さ」

そして、それを克服するプロセス。

この壇上での姿に感動でした。

昔、「言葉には魂が宿る」と教えていただいたことがあります。

ホントなんですね。

人間関係における最も効果的なコミュニケーションの原則は「まず相手を理解しようとすること。その後、自分を理解すること」。

体験を基に気づかせていただきました。

社会で活躍する皆さん、コミュニケーションスキル大丈夫ですか?

営業経験の浅い方。

ベテラン営業マンの方。

部下の育成などに困っている営業管理職の方。

営業企画、商品企画、販売促進に携わる方々。

社内コミュニケーションをよくしたい方。

夫婦円満を望まれる方。

様々な状況下でSPINは活用できます。

そういえば、1,000円ゲーム。

面白かったですね。

「人は自分が欲しいものにしか価値を感じない」

そして。

「人は自分が欲しいものが完全にはわかっていない」

でしたね。

コチラの書籍を推奨されてましたね。

どうです?欲しくなったでしょ?

是非!

一期一会 副会長 大渕浩志郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする