2015年1月19日(月) 伝説のロックバンド“The Strawberry18”ライブ

平成27年1月19日(月)Reestaurant Bar CIB(キーブ)にて。

皆さんはどれでけ楽しめましたか?

振り返ればあっという間の2014年でした。実は一期一会も今期で8期目を迎えます。昨年を思い返せばいろんな事がありました。

「涙あり、笑いあり、怒りあり、別れあり」様々な想いを振り返りつつ。

年明け最初の1月例会。

そんな感傷も吹き飛ばすごとくの1月例会でした。

今回、初結成にもかかわらず、もはや伝説と称す“The Strawberry18”のライブ例会。

初結成での伝説。

もはや意味がわかりません。

ライブで大事な事は臨場感。

オーディエンスとの一体感。

そこから生まれる爆発的なパワー。

まずもってメンバー紹介。

伝説のロックバンド“The Strawberry18

メンバー紹介

ドラム:showhei matsukuma 松隈昌平

ベース:takuji sato 佐藤拓司

ギター:nobuo nishimura 西村信男

1部と2部に分けての構成演出。“The Strawberry18″かっこ良い。

全てを言葉で説明する必要も無く、この2枚の写真で全てを感じてください。

自分大好き。統括 鹿瀬島正剛です。

スペシャルゲストの吉川晃司。(旭タクシーの小野君じゃありません)

これ以上の説明はいらないはず。

そして無茶ぶりにも関わらずボーカルを務めた皆を紹介。

※  写真掲載できなかった皆様、申し訳ないです。

ある方が聞いてこられた「え?これが例会なんですか?」…。

何か?

そうです。これが一期一会の例会なのです。

他の会がどのような例会を催そうがこれが一期一会流なのです。

私達は明日の熊本を担うリーダーを育成する本気の会としてあります。

人を育てることが理屈じゃないことを我々は理解し実践しています。

どんなに良いセミナーで良い事を語ろうが、理屈のみで本人が自覚できなければそれは学習につながらない。

学びとは「自覚」によりはじまります。

そのきっかけを作り与える事が大事でその使命こそが一期一会の存在価値。

主観ではなく客観的に「多角的」に物事を見ることができなければ、私達の存在価値は見えてこないでしょう。

例会冒頭での会長あいさつを聞いてないんですか?「何か一つでも感じた良い事を持ってかえってほしい」それを明日につなげてください。

事を否定しようと思ったらどれだけでもできます。事の良いところを見つける方がいいじゃないですか。

幸せじゃないですか。

今回の例会に関わったメンバー。

チャレンジしたことにより色んな事を自覚し、新たな自分に気付けたはずです。

そしてオーディエンスが手を上げ立ち上がり歌っていた姿も印象的でした。

その時の衝動を考えれば答えにつながります。

そして今回ご参加いただきました会員、オブザーバーの皆様。

自分の可能性を最大限見いだし、新たな「自覚」として成長の糧としていただけたら幸いです。

2015年の我々のテーマ。「無限大」。

皆様、本年度もよろしくお願いいたします。

一期一会 副会長 大渕浩志郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする